TEL
045-620-5550
WEB予約

再診WEB予約

お知らせ

お知らせ

アクセス

アクセス

心臓(循環器科)

心臓病の早期発見は当院がサポートします

  • 「犬が咳をしたら心臓病の可能性があります」なんてインターネットの情報サイトによく書いてありますが、
    咳をするまで待っていれば大丈夫なのでしょうか?
    猫の場合はどうでしょうか?
    咳すらしない、ほとんど見た目に変化はなくても、心臓病が刻々と進行していることは珍しくありません。
    じゃあ、どうすればいいの?
    当院にかかっていれば、それだけで大丈夫です。
  • 見逃していないかな?と不安にならなくて大丈夫です

    当院ではオーナー様への問診とともに
    五感を使った身体検査を何よりも大切にしています。
    例えば皮膚を痒がるという主訴で来院された場合でも
    初診であれば基本的に聴診も行います。
    「それ皮膚と関係あるの?」
    怪訝な顔をされることもありますが、それでも聴診します。
    「いや、痒みだけ治してくれればいいから」
    と煙たがられるかもしれません。
    でも聴診はやめません。
    なぜなら救急医時代に
    「もっと早い段階で気づいてあげられたら!」
    とオーナーが泣きながら後悔する場面に
    何度も立ち会っているからです。
    二度とそんな思いをしてほしくない。
    だから当院をかかりつけにしている皆様、ご安心を。
    あなたが心臓病の初期兆候を見逃していても
    我々が日々の診療でチェックしています。見逃しません。
  • 心臓病の診断がついてしまったその後は?

    こちらもお任せ下さい。
    当院の循環器診療を担当する巡獣医師は麻布大学の循環器科で研修し、院長とともに救急診療にも従事。その後二次診療施設の循環器科でも診療を任されていた素晴らしい経歴の持ち主です。
    しかし彼女の良さはその経歴ではありません。それだけの経歴と技術を持ちながら、それに溺れることなく、動物への負担を最小限に抑えることに主眼を置いていることです。
    とにかく動物に無理のない姿勢で、できるだけ短時間で検査を終わらせ正確に心臓病を評価し、その子に最適の治療やケア方法を提案することをお約束します。